薬/医療行為の効果

肥満は放っておくと大変なことになる

肥満というのは別にそれ自体が病気というわけではなく、ただ単に太っている状態のことをいいます。「え?じゃあ何が問題なの?」と思う人もいるでしょう。しかし、肥満には本当に数多くの病気を招く原因となるのです。人間というのは年齢とともにありとあらゆる器官が衰え、ケガや病気になりやすくなります。そこに肥満が加わると、衰えた骨や関節にダメージが加わり、関節障害になったり、簡単に骨折してしまったりするのです。また、糖尿病や高血圧などの生活習慣病に大きく関わっているとされ、放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中などの死に関わる病気につながってしまうのです。肥満の人はすぐにでも病院に行き、適切な治療を受けるべきでしょう。

肥満治療にはどんなものがあるのか

肥満になる主な原因として過度のカロリー摂取と運動不足があります。ゆえに、医師に肥満を訴えるとまずは、食事療法と運動療法を指導されます。合併症を引き起こしている場合には、その治療も同時に行います。それでも改善しない場合は、今度は手術や薬治療が中心になります。手術には胃を切除することにより、摂取カロリーや食欲を抑える効果があります。肥満薬には、脂肪の吸収を抑制する効果があり、改善後のリバウンドを予防してくれます。最終手段に手術や薬があるといっても、そこにはリスクや副作用があります。肥満を改善したいのなら、カロリーが高いものは避ける、適度な運動をするなど、自分で治すという意識が非常に重要になってきます。