薬/医療行為の例

投薬による肥満治療の詳細

増えすぎた体重を医療行為で減らす肥満治療は薬剤の投与が一般的な方法です。薬剤による脂肪の分解促進効果で体重を適正な数値まで減らすことが出来ます。食事制限や運動などのダイエットと比べ、減量効果が短期間で得られるのが大きな利点です。また、投薬治療は体への負担も少なく、生活への支障が殆ど無いのも広く普及している要因になっています。その反面、投薬治療は患者の体質に合わせて処方する必要がある点を注意します。同じ肥満治療でも使用する薬剤が異なるので減量効果が出るまでの差が大きく、場合によっては長期化することもあります。薬剤の副作用に見舞われる可能性もあるので、治療の際は検査を受けたうえで治療のリスクを理解し、慎重に判断することが大切です。

余分な脂肪を切除する治療方法と体への影響

肥満の度合いが進み、健康への悪影響が及ぶほどの状態になった場合は脂肪を外科手術で取り除く治療が必要です。適正な数値を大きく上回る体重になると投薬治療の効果が低いので、物理的に脂肪を切除する方法が優先されます。臓器や血管への負担を一度に解消出来るのが外科治療のメリットですが、急激に体重が減ることによる体への影響を注意する必要があります。蓄積された脂肪が突然無くなるので体のバランスが取りにくくなり、体の各部位に痛みや倦怠感などの不具合が出る可能性があるので十分に注意します。運動や食事を見直し、体に大きな負担をかけないように気を配ることで術後の経過を良好にすることが可能です。切除手術による肥満治療は効果に即効性がある一方でリバウンドもしやすいことかたら、暮らしの中で体重管理を適切に行うことを心がけます。