薬/医療行為の目的

薬を使った肥満治療に取り組む前に確認したいこと

薬を使った肥満治療の評判の良い病院は全国に多く存在しますが、なるべく健康的に減量をしたい場合には、薬ばかりに頼らずに、生活習慣の見直しを同時に行うことが大切です。特に、運動をする習慣のない人や、食事のバランスが乱れている人については、薬物治療を終えた後にリバウンドしてしまったり、体調不良に悩まされたりすることもあります。そこで、医師や管理栄養士などの肥満治療にかかわるプロのスタッフとコミュニケーションを取りながら、無理のない減量の計画を立てることが成功のポイントです。その他、内服薬に配合されている成分によっては、アレルギー反応がでることもあるため、様々なリスクに備えるために、日々の診察を通じて医師と持病の状態について情報を共有すると良いでしょう。

肥満治療の実績のある病院を通院先に選ぼう

内服薬を使った肥満治療は、短期間で減量効果が期待できる方法として国内の肥満症に悩む患者の間で注目が集まっています。特に、重度の肥満症の人であれば、食事療法や運動療法、行動療法などが奏功しないことも多いため、初めから医師の指示のもとで内服治療を始めることもおすすめです。最近では、肥満治療を希望する患者を対象に、初診時のカウンセリングを重視している病院も増えており、肥満治療の実績の良し悪しや担当の医師の経験などに注目をしながら、じっくりと通院先を決めると良いでしょう。なお、肥満治療の成功率の高さについては、それぞれの医療機関の設備の充実度や医療スタッフのスキルにも左右されるため、早いうちから必要な情報を集めることが大事です。